Welcome to KOREANBEAT!
Welcome to KOREAN BEAT!!
 
HOME > グルトギ > interview  

歌集パク・サンミンのバックのバンドマスターを勤め、またBIGBANGやアン・ジェウク、K.WILLのツアーにも参加して、その繊細なプレイ、またときに力強いブローでK-POPを盛り上げるサックスプレイヤー、Insung(イ・インサン)。彼は縁の下の力持ちだけでなく、自らもソロ活動を行っている。3月には自らのグループ、Lukasを率いて初の単独来日を果たし、ライブツアーを行った。取材は3月4日のツアー最終日、イベントへへゲスト出演したGINZA K-PLACEでのライブの会場へお邪魔した。ステージでは中島美嘉のカバー「雪の華」、そして自身のオリジナル曲「Someday in Autumn」の二曲、それだけにとどまらず、予定外でやはりオリジナルの「Oh Happy Day」の併せて三曲を演奏した最初の二曲では、繊細でメロウなプレイを、そして最後の曲ではまさにタイトル通りのハッピーな演奏を繰り広げ、観客をのせていた。そのライブの合間の楽屋で、5月に発表を予定しているアルバムの構想、日本でのライブの感想などについて話を聞いた。一問一答に、すぐ反応せず、ふと考え込んでから話し出す様子に、彼の真摯な人柄が見え隠れするインタビューだった。 「軍隊の命令で渡されたサックスが運命の出会いになりました。」 サックスプレイヤー インサン・Lukas インタビュー

Q.自己紹介をお願いします。

A.サックスプレイヤーのイ・インサン、Lukasという名で活動しています。これは僕自身の名前でもあり、バンドの名前でもあります。イ・インサンという名前は韓国でありがちなので、この名前で活動しています。昨年シングルアルバムを2枚発表し、現在は5月のアルバム発表に向けて準備をしています。今回は単独公演として初の来日です。

Q.ミュージシャンになったきっかけは?

A.6歳からピアノを習っていました。学校は特に音楽の専門教育を受けていたわけでなく、大学も、数学科で統計学を学んでいました。職業としてのミュージシャンを意識するようになったのは、兵役で軍楽隊に配属されてサックスに出会ったのがきっかけです。

Q.軍楽隊には志願ではいられたのでしょうか、また、軍楽隊でのサックスとの出会いについてお話ください。

A.大学を休学して、普通に兵役に行ったのですが、ピアノの素養があるということで、軍楽隊に配属されたようです。そこで命令でサックスを演奏するようになりました。軍隊で吹いていたのはアルトサックスだけですが、今は、ソプラノサックス、テナーサックスも持ち替えで吹いています。

Q.ソロアルバムは、韓国では最近、デジタルシングルが多いですが、どんな形で発表されたのでしょうか。

A.通常のCDで発表しました。おっしゃる通り、最近の韓国ではデビュー盤だと、デジタルシングルの配信が多いですが、作品性を残すために、あえて通常のCDで発表しました。また、通常のCDの方がプロモーションでも有利ですから。

 
 

Q.現在のグループとしてのLUKASについて教えてください。

A.今は、僕のサックスと、ドラム、ベース、キーボード、ギターの5人編成です。ボーカルが欲しい時はゲストをお願いしています。セッションの仕事で出会った仲間、そして現在、学校でも教えていまして、その卒業生の巧いプレイヤーと組んでいます。

Q.今回、日本での公演はいかがでしたか。

A.初めてのソロ公演で、どういう反応があるか不安が多かったのですが、どこでもいいお客さんで良い反応をいただき、その心配はなくなりました。また、持ってきたCDも完売して、感謝しています。また、今回共演した日本のミュージシャン、Migiwaさん、山下静さんとも良い方々で、感動しました。5月に発表するアルバムではこのお二人とのコラボも考えています。

Q.最後に読者にメッセージをお願いします。

A.初めての日本の単独公演で、客席からいい印象をもっていただき、気持ちよく韓国に帰ることができ、感謝します。これから、より日本での活動に興味をもっていきたいと思います。次にお会いできるよう願っています。Lukasにこれからも感心を持ってください。 −ライブのリハーサルのあいだにお邪魔しました。本日はありがとうございます。

 

 

 

Welcome to KOREANBEAT!